本文へ移動

竜1位・高橋宏斗、背番号「19」初披露であらためて誓う吉見魂継承…”勝てる投手”へ「使命感強く」

2020年12月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新入団発表でポーズを取る高橋宏斗

新入団発表でポーズを取る高橋宏斗

  • 新入団発表でポーズを取る高橋宏斗
  • 背番号「19」のユニホームを着て、新入団発表に臨む高橋宏斗
 エースの魂を継承する。中日は11日、名古屋市内のホテルで育成指名選手を含む新人9選手の入団発表を行った。ドラフト1位指名を受けた中京大中京高の高橋宏斗投手(18)は、今年限りで現役を引退した吉見一起投手(36)が15年間背負った背番号「19」を初披露。高橋宏は吉見魂を受け継ぎ、勝てる投手を目指すと力強く誓った。
 少し緊張した面持ちで壇上に上り、無数のフラッシュを浴びた高橋宏。その大きな背中には「19」が光り輝いていた。真新しいユニホームを身にまとった右腕は改めて竜の一員となった実感を口にした。
 「ドラゴンズのユニホームが着ることができてうれしい思いでいっぱいです。すごく重い背番号だと自分の中で受け止めているので、見合った行動やプレーをしたい」
 背番号を提示され、吉見を筆頭に歴代の投手を思い浮かべ、責任感を一層強く感じるようになった。それでもプレッシャーを感じるよりは「やらないといけないという使命感の方が強かった」。口元を引き締め、偉大な投手らに続く活躍を誓った。
 愛知県出身で中日ファンの右腕は吉見の引退試合もテレビ観戦。現役最後に投じたアウトコース低めの速球には「自分の中でも生命線だと思う」と共感した。今夏の甲子園交流試合の智弁学園(奈良)戦ではタイブレークの延長10回2死一、二塁から空振り三振を奪い窮地を脱した。最後の決め球となったのは吉見と同じ、外角への速球だった。
 2009、11年に最多勝を獲得した「勝てる投手」の吉見から学ぶことはたくさんある。そのうちの一つがチームを勝利に導く力。意識するのは調子の悪い日でも、いかにリカバリーできるか。速球がダメならコントロールで勝負する引き出しも必要と考え「調子が悪くても、チームの勝利に貢献できる投手になりたい」と目指す投手像を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ