本文へ移動

コメディアンで俳優の小松政夫さん死去 78歳、肝細胞がん 「シャボン玉ホリデー」などで人気博す

2020年12月11日 17時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小松政夫さん

小松政夫さん

 人気番組「シャボン玉ホリデー」やヒット曲「しらけ鳥音頭」「デンセンマンの電線音頭」でのギャグなどで知られたコメディアンで俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎雅臣)さんが7日午前6時45分、肝細胞がんのため東京都三鷹市内の病院で死去した。78歳。福岡市出身。半世紀を超える芸歴で最近まで映画、舞台で活躍を続けていたお茶の間の人気者がまた旅立った。
 小松さんは高校を卒業後、俳優を目指して上京。自動車のセールスマンなどさまざまな職業をへてクレージーキャッツのメンバーで俳優の植木等さんに懇願して付き人兼運転手として芸能界入り。植木さんにセールスの話術などを見いだされ、当時、国民的人気番組だった「シャボン玉ホリデー」などに出演した。
 映画では「クレージーの怪盗ジバコ」(1967年)、「駅 STATION」(81年)、「極道の妻たち」(86年)、「20世紀少年 第2章」(09年)などに出演し、存在感を示した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ