本文へ移動

丸くて大きな実、マイヤーレモン 御浜、たかみ農園で収穫最盛期

2020年12月11日 05時00分 (12月11日 12時51分更新)
丸い実とまろやかな酸味が特徴のマイヤーレモン=御浜町阿田和で

丸い実とまろやかな酸味が特徴のマイヤーレモン=御浜町阿田和で

  • 丸い実とまろやかな酸味が特徴のマイヤーレモン=御浜町阿田和で
  • 一つ一つ丁寧にマイヤーレモンを収穫する田中さん=御浜町阿田和で
 御浜町阿田和の「たかみ農園」で、県南部特産のかんきつ類「マイヤーレモン」の収穫が最盛期を迎えている。
 レモンとオレンジの交雑品種で、両方の特徴を併せ持っており、実は丸く、酸味もまろやか。県内では同町や紀宝町で栽培が盛んで、実が緑色の九月ごろから収穫を始め、年末に近づくにつれて黄色になっていき、酸度も抜けていく。
 たかみ農園では四ヘクタールの畑で、オーナーの田中高美さん(40)と生産者の計十人が、農薬の使用を最小限に抑えて育てている。今年は台風の被害がなく、条件に恵まれたことから、実が大きく育った。年末までに七十トンほどの収穫を見込んでいる。
 田中さんは「十二月に入ってから、酸度と糖度のバランスが絶妙になった。ケーキ作りや鍋料理、サワーなどに使ってもらい、楽しんでほしい」と話す。
 御浜町や紀宝町で生産されたマイヤーレモンは、県内のほか関東や関西、名古屋などのスーパーや菓子店に出荷されるという。 (森雅貴)

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧