本文へ移動

赤道を通過 八海山でポセイドンに安全祈願 ケープタウン沖はリタイア続出、クジラに注意【白石康次郎の航海記】

2020年12月10日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤道を越えて日本酒「八海山」で祝う白石康次郎(本人事務所提供)

赤道を越えて日本酒「八海山」で祝う白石康次郎(本人事務所提供)

 海洋冒険家の白石康次郎(53)=DMG MORI SAILING TEAM=が、フランスを発着点とする単独無寄港無補給の世界一周ヨットレース「バンデ・グローブ」に挑戦している。11月8日にスタートし、現在は南アフリカのケープタウン沖を航海中。特別寄稿コラム「オーシャン・サムライ 康次郎の航海記」の第3回は、海の神と救助について語ります。
  ◇     ◇
 日本酒「八海山」で祈願!セーラーは赤道を越える時に海の神様「ポセイドン」にお酒を供え、航海の安全を願う習慣があります。おのおのシャンパン、ビール、赤ワイン、シードルなど、思い思いのお酒をささげます。八海山さんには師匠・多田雄幸の時からお世話になっています。ポセイドンも味を覚えているでしょう。
 細かいトラブルはあるものの、走行距離は全体の3分の1まで進みました。ケープタウン沖では複数のリタイアが出ました。ケビン選手のヨットは大波に突っ込み、反動でヨットが真っ二つに…救助要請が出ました。バンデ・グローブは一般の船が航行していない海域を走ります。また、ヘリコプターも陸から往復するには難しい距離の場合も多い。
 どうするか。近くを走っているレース仲間が助けます。ケビン選手は幸運にも前を走っていたジャン選手に救助されました。本当に無事で良かった。やはり、ひと時も気を抜けません。遭難者は軍艦が引き取ることが多く、フィニッシュタイムは救助に要した時間を考慮して修正します。
 先行している船の情報を見ると、ケープタウン沖にはクジラの群れがいるようです。未確認物体と衝突してリタイアした船も出ているので要注意。ここからは、クジラにぶつからないように慎重に進みたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。(海洋冒険家)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ