本文へ移動

網にかかったクロウミガメ保護 越前松島水族館、日本海側で2頭目

2020年12月10日 05時00分 (12月10日 05時00分更新)
水槽で保護、観察されているクロウミガメ=坂井市の越前松島水族館で

水槽で保護、観察されているクロウミガメ=坂井市の越前松島水族館で

 高浜町沖の定置網に入ったクロウミガメが、坂井市三国町崎の越前松島水族館で保護されている。日本ウミガメ協議会によると、日本海側でクロウミガメが確認されたのは、二〇一七(平成二十九)年三月に高浜町で見つかり現在、同水族館で飼育されている個体に次いで二例目。六日に定置網で見つかり、同日中に移送された。甲羅の長さが七〇センチ、体重三六キロで、甲羅の後端が細く、腹部が黒っぽいという特徴から種類が確認された。尻尾の形状から雄と分かった。
 現在は、バックヤードの水深一メートル、水温二〇度の水槽で保護されている。担当の足立夏音さんは「三年前に見つかった個体より甲羅が一〇センチ長いのに体重はほぼ同じで、やせている感じ」と話す。餌を食べようとせず、水槽の底でじっとしていることが多く「病気やビニールの誤飲の有無などを確認したい」という。
 クロウミガメは東部太平洋が主な分布域で、国内では南西諸島で見つかっている。鈴木隆史館長は「暖流に乗ってやってきて、水温が下がって動けなくなったのかもしれない」と推測する。健康が確認され、元気になって餌を食べるようになれば一般公開する予定。 (松田士郎)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧