本文へ移動

アキレス腱断裂から10カ月 寺本明日香「昨年が100なら、いまは90くらい」村上茉愛の応援で頑張れた

2020年12月9日 20時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
寺本明日香

寺本明日香

 10日に開幕する体操の全日本選手権で、大会連覇が懸かる寺本明日香(25)=ミキハウス=。だが、今年2月に左足アキレス腱(けん)を断裂してから10カ月余り。まだ完全復活とはなっていない。「昨日はフルで練習したので、疲労で左足が痛い。それでも、10カ月目にしてはなかなかいい仕上がりになっている」と表情は明るい。
 大けがを負った後、多くの応援があり、中でも、盟友・村上の存在が「競技を諦めないで頑張れる要因だった」と振り返った。
 懸命にリハビリに取り組み、「昨年が100なら、いまは90くらいの演技構成まで戻りつつある。単発では、どの技も100パーセントこなせる」水準という。
 今大会は「技もレベルも上げてきたので、どこまでガチでできるか」が目標。だから、跳馬では大技で高難度の「チュソビチナ(前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり)」に挑戦する。「未完成だけど転けてもやる価値はある。転けたとしても来年につながる」と意気込む。
 選手生命の危機から順調にカムバック中の寺本が、心身ともに強靱(きょうじん)になって戦列復帰する日もそう遠くない。「攻められるところは攻めの演技をして、皆さんに勇気を与えたい」。やる気がみなぎっていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ