本文へ移動

ロッテ新入団選手会見 1位の鈴木昭汰は64層のパイの実に感銘「僕も一つ一つ白星を重ねていきたい」

2020年12月9日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きなパイの実を掲げるロッテのドラフト2位・中森(球団提供)

大きなパイの実を掲げるロッテのドラフト2位・中森(球団提供)

 ロッテは9日、さいたま市内で新入団選手発表会を行った。
 会見終了後には、司会を務めたロッテの場内アナウンス担当・谷保恵美さんが、ロッテの主力菓子「パイの実」のおいしさの秘訣(ひけつ)をレクチャー。「実はパイ生地を64層にも重ね合わせて焼き上げられています。驚きましたか。64層がおいしさの深みとサクサク感を作り上げているんですね」と明かした。
 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ロッテ新人恒例の工場見学は中止に。それでも、ドラフト1位・鈴木昭汰投手(22)=法大=は「パイの実が64層から成っていることを教えてもらい、とても驚きましたし、感銘を受けました。おいしいと評価されるようになるまでには、深い過程があるのだと思いました」とコメント。「自分も夢に掲げている最多勝を達成できるように、まずは一つ一つ白星を重ねていきたいと思いました」とプロで活躍する思いを新たにした。
 ドラフト2位・中森俊介投手(18)=兵庫・明石商=は「64層のパイの実、最高です。ボクもまずはストレートで160キロを超える投手を目指したいです」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ