住みやすい街大賞・埼玉県川口市が史上初の連覇!藤沢市観光大使のつるの剛士は辻堂の3位に「来た!」

2020年12月9日 16時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔で手を振るつるの剛士と夏菜

笑顔で手を振るつるの剛士と夏菜

  • 笑顔で手を振るつるの剛士と夏菜
 タレントつるの剛士(45)と女優夏菜(31)が9日、都内で行われた住宅ローン専門金融機関アルヒ主催の「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021」に出席した。
 1位は、埼玉県川口市が選ばれ史上初の連覇を達成し2位は東京都の大泉学園、3位には神奈川県の辻堂がランクインした。
 辻堂のトップ3入りに藤沢市観光大使を務めるつるのは「来た!」と声を上げ「住んで12年。当時は住宅街だったところが様変わりした」と懐かしんだ。夏菜は引っ越しを考えていると明かし、「参考になりました。辻堂、いいかも」と目を輝かせ「でも通勤に1時間半…う~ん」と頭を抱えた。
 つるのは今年を「気づきの年」と振り返り、短大生になるなど新しいことに挑戦したほか「コロナを身をもって体験したので」と苦笑いを浮かべ、「今年はバネを縮める年だった。来年は、すごく明るい話題でいっぱいになる年になればいい」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ