本文へ移動

広瀬アリスが勝地涼に平謝り!?「ごめんなさい」反抗期だった20歳に“ガチ説教”されながらやっていたこととは

2020年12月8日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広瀬アリス

広瀬アリス

 女優の広瀬アリス(25)が7日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP」に出演。「しゃべくり007」に事務所の先輩で俳優の勝地涼(34)とともに出演すると、かつて“ガチ説教”されたエピソードを明かした。
 当時20歳だった広瀬は事務所に呼び出されても、マネジャーに別の電話がかかれば抜け出すような反抗期だったそうで、唯一男性の先輩である勝地に事務所の女性社長から「私たちの言うことは聞かない」と白羽の矢が立ったという。その後、勝地は広瀬を社長室で説教し「仕事があるのは事務所のおかげだし、言うことを聞かないとダメだよ」と言ったが「はぁい」と生返事。そこで勝地は方針を変更し、寄り添うように「気持ち分かるけどね。(自分も)そんな反抗期もあったよ。納得しなくても『ハイ』って言っとけばいいんじゃないの」と話すと、広瀬が目を見て話すようになったと思ったが、よく見ると、後ろにある窓ガラスを見て前髪を直していたという。
 まさかの対応にMCの上田晋也から「最低の後輩だな」と言われると、広瀬は「本当ごめんなさい」と平謝り。さらに上田から当時を覚えているかと聞かれ、「覚えています。前髪が一本こっちにあって」と返答し、「そっちかよ」と突っ込まれていた。放送後にはツイッター上などで「おもしろい」や「楽しかった」など、広瀬の“若気の至り”が話題となっていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ