本文へ移動

宇垣美里、心の中に“ハッパをかける人” 「1人の方が楽だけど、何となく何か足りない時…」

2020年12月7日 20時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トークショーに出席した宇垣美里

トークショーに出席した宇垣美里

 フリーアナウンサーの宇垣美里(29)が7日、東京都内で映画「私をくいとめて」(大九明子監督、18日公開)全国公開直前イベントに出席した。
 おひとり様の恋を描いた作家・綿矢りささんの小説を実写映画化。女優のん(27)が主人公の黒田みつ子を演じ、宇垣は“みつ子世代”の代表としてこの日のトークショーに参加した。
 映画の感想を問われた宇垣は「みつ子、わかるよーと思いながら見ていた」と共感した様子。みつ子は“脳内相談役”と恋やさまざまな悩みをやりとりするが、宇垣も「います。私の心の中にいるのは“ハッパをかける人”。ヤレヤレと言ってくれる」と告白。「1人の方が楽だけれど、何となく何か足りない気がする時、自分と会話してその隙間を埋める。いろんなタイプの相談役がいると思う」と物語の設定に理解を示していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ