本文へ移動

新庄剛志氏は三塁守備ではつらつ!現役時と変わらぬ強肩を披露 プロ野球12球団合同トライアウト始まる

2020年12月7日 10時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三塁の守備位置でシートノックに参加した新庄

三塁の守備位置でシートノックに参加した新庄

 プロ野球12球団合同トライアウトが7日、都内のグラウンドでスタートした。
 配布されたリストに記載された参加選手は57人。注目はやはり阪神や日本ハム、大リーグでもプレーして06年に現役を引退した新庄剛志氏(48)だ。ウォーミングアップのキャッチボールを終えるとシートノックがスタート。日本ハム時代の背番号「1」のユニホームに袖を通した新庄氏は、本職の外野ではなく三塁の位置に入った。
 「楽しんじょー」の合言葉よろしく、48歳とは思えぬはつらつとした動きを披露。ノックでは軟らかいグラブさばきで処理すると、現役時代とは変わらぬ強肩で一塁へ矢のような送球を見せた。この後はシート打撃が行われ、新庄氏は4打席立つ予定だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ