FC岐阜の連勝止まる ホームで鳥取に0−2

2020年12月6日 05時00分 (12月6日 10時44分更新) 会員限定
鳥取に敗れ肩を落とす岐阜イレブン=長良川競技場で

鳥取に敗れ肩を落とす岐阜イレブン=長良川競技場で

  • 鳥取に敗れ肩を落とす岐阜イレブン=長良川競技場で
 サッカーJ3のFC岐阜は第三十一節の五日、長良川競技場でガイナーレ鳥取に0−2で敗れ、連勝は3で止まった。十五勝七分け九敗の勝ち点52で、順位は四位のまま。
 岐阜は前半10分、カウンターから失点。同点のチャンスだったPKに失敗すると、35分に速攻から追加点を献上した。後半は敵陣に押し込んだが、MFレレウ選手のシュートがポストにはじかれるなど相手ゴールをこじ開けることができず痛すぎる敗戦を喫した。
 次節は九日、ホーム最終戦で十五位のヴァンラーレ八戸と対戦する。

前半ちぐはぐ 昇格遠のく

 逆転昇格のチャンスが、限りなく遠のいた。FC岐阜は前半に2失点を喫して敗戦。昇格への道のりで瀬戸際に追い込まれ、仲田建二監督は「われわれにできるのは、あと三つ勝つだけ」と言葉を絞り出した。
 味方同士の交錯に、エースのPK失敗。岐阜は前半にちぐはぐなプレーを露呈した。前線と中盤、最終ラインの距離が遠く、仲田監督は「なかなかコンパクトにできず、相手にボールを握られた」と振り返った。
 DFが競り勝っても、セカンドボールが相手に転がる。チームの状態が悪い時に起こる「中盤不在」がたびたび発生し、相手の機敏な攻撃に対...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧