本文へ移動

ジャパンCは悔しいけどかけがえのない経験 いずれはデアリングタクトを最強馬に…【松山弘平コラム】

2020年12月6日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 ジャパンCはアーモンドアイが見事に有終の美を飾りました。もちろん負けて悔しい気持ちはありますけど、デアリングタクトで最後に一度戦うことができたことは、かけがえのない経験になったと思います。デアリングタクトが、いずれアーモンドアイのような最強馬になれるよう。今回の経験を生かして、高みを目指していきたいです。
 日曜は中京で11鞍の依頼を頂きました。1Rのレンツシュピッツェはダートで前進があれば。2Rのエイシンバッカスは前走が大敗でしたが、もうちょっとやれていい馬。4Rのトーホウレッドは前々で運んでどれだけ粘れるかになりそう。7Rのブルームスベリーは立て直した効果に期待。9Rのシティレインボーは掛かる面が出ているので折り合いに注意するつもり。10Rのラミエルは前走の競馬ができればチャンスがありそうです。
 11Rのエアアルマスは砂をかぶると良くないので、外めの枠が欲しかったです。ただ、決まった以上は仕方ありませんし、能力自体は高いので、少しでも上位に食い込めるよう頑張ります。12Rのワイドカントは前走が快勝。上積みがあるようなら、昇級でも通用の可能性はあると思います。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ