本文へ移動

5年ぶり日本人選手の賞金王!寺西明「素晴らしい一年」海外メジャー「可能性あるなら全部行く」【金秀シニア】

2020年12月5日 18時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
寺西明(PGA提供)

寺西明(PGA提供)

◇5日 シニアゴルフ 金秀シニア沖縄オープン最終日(沖縄・かねひで喜瀬CC)
 初日首位の河村雅之(53)=安芸CC=が、2バーディー、1ボギーの71で回り通算5アンダーで逃げ切り、ツアー初優勝を飾った。2位にはこの日のベストスコア67をマークし通算3アンダーに伸ばした岡茂洋雄(51)=鷹の巣GC=が入った。注目の賞金王は寺西明(54)=安原HD=が初獲得。日本人選手の賞金王は、2015年室田淳以来5年ぶり。
     ◇   ◇
 最終戦までもつれ込んだ賞金王争い。この日26位タイに入り、今季通算獲得賞金を1901万9464円にした寺西が、今季の賞金王に輝いた。「(9月の)日本シニアOPを勝った時に、試合数も少ないし(残りも)得意なコースがあるのでチャンスなら取りたいと思っていた。素晴らしい一年になりました」。と笑顔。賞金上位者には来季、海外メジャーに出場のチャンスが出てくるが「可能性があるなら全部行く。日の丸を背負って行くので恥ずかしい結果だけはしたくない」と気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ