本文へ移動

楽天1位・早川は背番号21「岩隈投手の印象、偉大な背番号の期待に応えたい」入団会見で抱負

2020年12月5日 17時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天のユニホームに袖を通した早川(球団提供)

楽天のユニホームに袖を通した早川(球団提供)

 楽天の新入団選手会見が5日、仙台市の本拠・楽天生命パーク宮城であり、ドラフト1位の左腕・早川隆久投手(22)=早大=の背番号が「21」に決定した。
 この数字は、チーム黎明(れいめい)期のエースで今季限りで現役を引退した岩隈久志さん(39)が背負っていた番号。「野球を始めた小学生の時に活躍していたので楽天のエースといえば岩隈投手という印象が強かった」と少し恐縮気味の早川は「偉大な背番号にちょっと不安なところがあるので、期待に応えていけたら」と語った。
 また、早大の先輩であるソフトバンクの和田毅投手(39)やDeNAの今永昇太投手(27)といった球界を代表するエース左腕も背負っていることから、「自分も、楽天の早川が背負っている番号と思われるような投手になりたい」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ