本文へ移動

【新馬戦】8番人気アステルカーラ果敢に主導権握り2馬身差完勝 木幡育「行くだけ行って走りも良かった」

2020年12月5日 15時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後続を突き放すアステルカーラ(左)

後続を突き放すアステルカーラ(左)

◇5日 新馬戦(中山・ダート1200メートル、牝馬限定)
 中山6Rの新馬戦は果敢に主導権を握った8番人気のアステルカーラ(牝2歳、父カレンブラックヒル、母サニーヘイロー、美浦・岩戸)が、スピードの違いを見せつけて2着馬に2馬身差をつけて完勝した。
 木幡育は「行くだけ行って走りも良かった。手前を変えてからも踏ん張ってくれました」と、レースを振り返った。岩戸師は「芝で除外されてここへ。スタート速くダートに入ってからの走りも良かった。将来的には芝や、距離もマイルまで試したい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ