本文へ移動

【新馬戦】1番人気ムーンティアーズがスピードの違いでライバル圧倒 横山武「二の脚で楽にハナに…」

2020年12月5日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後続を突き放すムーンティアーズ(左)

後続を突き放すムーンティアーズ(左)

◇5日 新馬戦(中山・芝1200メートル)
 中山5R新馬は途中からハナを奪う形になった1番人気のムーンティアーズ(牝2歳、父ケンダルジャン、母パーリーアヴェニュー、美浦・中川)が、スピードの違いでライバルを圧倒して逃げ切った。
 横山武は「スタートがすごく速いと聞いていたけど標準でした。二の脚で楽にハナに立っていいスピードがある。ピッチ走法で力がないので乾いた軽い馬場の方がいいと思う」と、ジャッジ。次走は未定だが中川師は「芝の短いところが合うと思う」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ