本文へ移動

阪神の来季スローガンは「チョー・チョー・チョー」矢野監督が意味合いを熱く説明

2020年12月5日 14時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神の来季スローガンを矢野監督が発表(球団公式動画サイト「虎テレ」から)

阪神の来季スローガンを矢野監督が発表(球団公式動画サイト「虎テレ」から)

 阪神は5日、オンラインで「ファン感謝デー」を開催し、矢野燿大監督(51)が来季のスローガン「挑む 超える 頂」を発表した。司会者から「毎年、矢野監督のひとボケがあるんですが」と振られて「ないよ、今年は」と苦笑してから披露した。
 「挑・超・頂―挑む 超える 頂(いただき)へ―」。矢野監督は「チョー・チョー・チョー」と読むことを伝え、その意味を熱く語った。まず「挑」に関しては「僕たちは新しい場所へ行けると考えて、まず挑戦すること、挑むを最初に持って来ました」と説明。そして「超」に関しては「超越するというのは自分自身常に超えていく。そういう自分であり続けたいということも含めて、超える、超越するというのを二つ目に入れさせてもらいました」と解説し、三つ目の「頂」はこう語気を強めた。
 「これは僕が監督をさせていただき3位、2位、そして来季もちろん目指すところはてっぺん、頂しかありません」。矢野監督が見据えるのはもちろん来季の優勝の2文字だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ