本文へ移動

巨人・菅野は3年31億円が“最低ライン”に 33歳で移籍した黒田のケース挙げ米放送局が予想

2020年12月5日 13時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
菅野智之

菅野智之

 米放送局CBSスポーツ(電子版)は4日、ポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦する可能性がある巨人・菅野智之投手(31)を特集。海を渡った場合の契約を「3年総額3000万ドル(約31億3000万円)が“最低ライン”になる」と予想した。
 その根拠は、ドジャース、ヤンキースで活躍し日米通算203勝を挙げた黒田博樹の存在だ。同局では「当時33歳だった黒田博樹元投手をポスティングした際の契約が、3年総額3530万ドル(約36億7000万円)だった」ことを指摘。さらに「菅野の年齢と新型コロナウイルス流行による緊縮財政を考慮すれば、年平均1000万ドル(約10億4000万円)以上、さらに3年契約が妥当だろう」と、独自でその契約内容を見立てた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ