粘りの守備に勝機あり 三遠ネオフェニックスの鹿毛本部長、前節を振り返る

2020年12月5日 05時00分 (12月5日 13時04分更新) 会員限定
前節の島根スサノオマジック戦で、攻守で活躍した川嶋勇人選手(中)=松江市総合体育館で(三遠ネオフェニックス提供)

前節の島根スサノオマジック戦で、攻守で活躍した川嶋勇人選手(中)=松江市総合体育館で(三遠ネオフェニックス提供)

  • 前節の島根スサノオマジック戦で、攻守で活躍した川嶋勇人選手(中)=松江市総合体育館で(三遠ネオフェニックス提供)
 浜松で三年ぶりの勝利を−。プロバスケットボールBリーグの三遠ネオフェニックス(豊橋市)が五、六の両日、ホームの浜松アリーナで横浜ビー・コルセアーズと対戦する。けが人などトラブルが続き、難しいチーム運営を強いられる三遠。ホーム戦を勝利で飾るためにどう戦うか。鹿毛誠一郎プロモーション本部長(45)に前節を振り返ってもらいながら話を聞いた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧