【三重】県庁職員感染が計9人に

2020年12月5日 05時01分 (12月5日 15時21分更新) 会員限定
 県内では四日、新たに二十二人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち四人は、既に感染者が四人確認されている県雇用経済部の職員で、県はクラスター(感染者集団)と認定。他の部署も含め県庁職員の感染は計九人となり、県はさらに広がりがないか調べる。
 同部の県職員四人は四十〜五十代の男女で、いずれも県庁八階に勤務している。このうち四十代男性の妻で、県医療保健部職員の四十代女性の感染も判明した。県は女性について、クラスターとは別に家庭内で感染したとみている。
 県はこの五人と接触があった職員十六人にも検査をする方針で、十一月末の雇用経済部長の感染確認以降、県庁内での検査対象者は計三百四十二人となった。県庁八階への来庁者の立ち入りを制限したり、使用するエレベーターを分けたりするほか、雇用経済部では検査で陰性だった職員も出勤数を減らす。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

三重の新着

記事一覧