本文へ移動

デアリングタクト直線前にすでに手応え怪しく…相当タフな競馬 根性や底力再確認が収穫【松山弘平コラム】

2020年12月5日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 デアリングタクトとのコンビで挑んだジャパンCは残念ながら3着でした。スタートが良く、いい形で流れに乗れましたが、直線に入る前にすでに手応えが怪しくなり、追い出してからは、余力がない分、左にモタれてしまって…。いつもなら持ったままで直線に向ける馬なのですが、かなりペースが速かったですし、古馬との対戦が初めてで、相当タフな競馬だったのだと思います。
 それでも最後は苦しい形から盛り返してくれて、3着まで来てくれました。改めて根性や底力があると思いましたし、初めて土は付きましたが、収穫がある一戦にもなりました。この経験は必ず今後に生きてくるはずですし、次は結果を出せるよう頑張ります。
 土曜は阪神で11鞍の依頼を頂きました。1Rのロードサージュは前走が3着ですが、うまくいった面があったので、前回の競馬ができれば。3Rのサトノアイはゲート五分なら勝ち負けになるはず。4Rのヘネラリーフェは使った上積みがあれば。6Rのイナズマテーラーは調教でまずまずの動き。9Rのアジャストザルートは追い切りの動きが良かったですし、もまれない競馬ができれば、チャンスがありそうです。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ