本文へ移動

ソフトバンク育成育ちの154キロ左腕ヤクルト・長谷川は引退した五十嵐氏の「53」に 目標の登板数も53超え!

2020年12月4日 20時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改したヤクルト・長谷川(代表撮影)

契約更改したヤクルト・長谷川(代表撮影)

 最速154キロを投げるヤクルトの中継ぎ左腕・長谷川宙輝投手(22)が4日、東京都内の球団事務所で契約更改を行い、400万円増の年俸1050万円でサインした。ソフトバンクの育成選手から支配下登録で昨季オフに加入し、移籍1年目の今季は44試合に登板。6月25日の阪神戦(神宮)でプロ初勝利をマークするなど1勝2敗、7ホールド、防御率5・82の成績だった。
 背番号は今季の「90」から今季限りで引退した五十嵐の「53」に変更することも決まり、「1軍にいる楽しさとか苦しさを経験できたのは来季以降につながる。背番号の数を超えられる登板をしたい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ