本文へ移動

河村が単独首位発進「球を右に置きロフト立てるように構えたら」パット絶好調に【金秀シニア沖縄OP】

2020年12月4日 18時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10番でティーショットを打つ河村雅之

10番でティーショットを打つ河村雅之

◇4日 シニアツアー今季最終戦 金秀シニア沖縄オープン第1日(沖縄県名護市・かねひで喜瀬CC)
 今季シニアツアー最終戦の金秀シニア沖縄オープン第1日は4日、河村雅之(53)=安芸CC=が4アンダー、68をマークし単独首位と好発進した。1打差の2位に白潟英純(54)=九州GC八幡C=がつけた。
 「本当にパットだけ。良く入ってくれました。特に4メートルくらいのパーパットが…」と河村が笑顔で5バーディー、1ボギーを振り返った。「このところパットが調子悪かった」というが、前日の練習場で「球を右に置いてロフトを立てるように構えたら、急に転がりが良くなった」。この日の好スコアにつながった。
 昨年の今大会は、デビュー戦Vの手嶋多一に1打差の2位で敗れ、シニアツアー未勝利。「去年もたまたま良かった。自信はないです」と言いながらも「優勝したいですよ」と本音を漏らした。
 65歳以上の12選手(うちアマ5人)が出場したスーパーシニアの部(3~4日)は、通算3アンダーで初見充宣(68)=立科GC=が優勝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ