本文へ移動

日本ハム・中田翔が「札幌ドームMVP賞」を初受賞

2020年12月4日 16時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・中田翔

日本ハム・中田翔

 日本ハムの中田翔内野手(31)が4日、本拠地・札幌ドームで今季最も活躍した選手に贈られる「札幌ドームMVP賞」の野球部門を初受賞した。球場を運営する株式会社札幌ドームが発表した。6日に開催されるファンフェスティバルの開演前に授賞式が行われ、来春の開幕までに球場西ゲート前に記念プレートが設置される。
 野球部門とサッカー部門が設けられているこの賞は、同社公式サイトで行われたファン投票の結果をもとに検討。中田は今季3度目のパ・リーグ打点王を獲得したことに加えて、「札幌ドームでの公式戦60試合で61打点、15本のホームランを放ち札幌ドームでの試合を大いに盛り上げた」として選ばれた。
 中田は今回の受賞について球団を通じて「ファンの皆さんに選んでもらい、この賞を受賞できて本当にうれしいです。ありがとうございます。今シーズンは無観客でスタートし、しばらくしてファンの皆さんがスタンドに来てくれるようになって、その存在の大きさを改めて実感しました。札幌ドームでのホームラン15本、61打点は皆さんの後押しのおかげです」とコメント。来季に向けては「札幌ドームに応援に来てくれるファンの前でチームを勝利に導くバッティングを見せられたらいいなと思います」とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ