本文へ移動

最高賞に長谷川さんの「ホテルヴィオラ」 福井文学賞

2020年12月4日 05時00分 (12月4日 11時41分更新)
 県内の文学振興と気鋭の新人作家発掘を目的に募集した「第十八回福井文学賞」(中日新聞社、日刊県民福井主催、県教育委員会後援、三谷市民文化振興財団特別協賛)の入賞作が決まった。最高賞の第一席は、愛知県春日井市の主婦、長谷川美智子さん(68)=写真、ペンネーム(PN)水澤柊子(しゅうこ)、福井市出身=の「ホテルヴィオラ」が選ばれた。第二席一編、佳作三編、奨励賞二編も決定。入賞者のうち三人が中高生となった。 (中田誠司)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧