二の丸御殿 復元へ一歩 金沢城 基礎部分を発見 石川県教委

2020年12月4日 05時00分 (12月4日 09時50分更新)
発見された金沢城・二の丸御殿の基礎部分=3日、金沢城公園で

発見された金沢城・二の丸御殿の基礎部分=3日、金沢城公園で

  • 発見された金沢城・二の丸御殿の基礎部分=3日、金沢城公園で

位置、規模を把握へ

 江戸時代に金沢城の中心だった二の丸御殿の玄関口に当たる北東地点で、建物の基礎部分が金沢城公園(金沢市)で見つかった。三日に発表した石川県教委の金沢城調査研究所は、御殿の正確な位置や規模の把握につながるとみている。御殿の復元整備を目指す石川県は、年度内にまとめる復元整備の基本方針に生かす。
 発見されたのは、二の丸御殿の中でも公務の場である「表向(おもてむき)」の一角。柱を支えた礎石は撤去されていたが、礎石を安定させるための川原石や戸室(とむろ)石を詰めた土台部分が複数にわたり並んでいた。公式行事用の玄関「表式台(おもてしきだい)」と大広間につながる廊下「広縁(ひろえん)」に対応する部分という。
 一八〇八(文化五)年に火災で焼失した後の一八一〇年に再建され、一八八一(明治十四)年まであった二の丸御殿の基礎部分とみられている。古絵図や、再建時の古文書と照合した。
 今回の成果について、谷本正憲知事は三日の県議会代表質問の答弁で「史実に沿った二の丸御殿復元の精度をより高めるものと考えている。復元は県の最大の個性である文化の集積にさらなる厚みを加える」と強調した。復元整備の基本方針には事業の進め方や御殿内部の活用方法、事業全体の日程などを盛り込む。
 二の丸御殿は東から、公務の場である「表向」、藩主が住む「御居間廻(おいままわ)り」、藩主の母親や側室らが住む「奥向(おくむき)」で構成される。復元を巡っては、今年二月に有識者でつくる検討委員会が「表向の復元整備を進めることは可能」、御居間廻り、奥向は「引き続き調査検討が必要」と報告した。
 このほか、一九六九年度に県教委と金沢大が発掘調査した遺構の一部も再検出。表向の主要部と南に位置する台所の境にあり、中庭に出入りした通路「くぐり抜け階段」や表向と御居間廻りの境にあった排水施設なども姿を現した。
 一般市民向けの現地説明会は五日午後一時半から。参加無料。

【メモ】金沢城二の丸御殿=加賀藩主の住まいや政務の場として金沢城の中枢を占めた。1631(寛永8)年の大火を機に本丸から移って建築され、2度の焼失を経験しながら、幕末まで機能を保った。明治期に入り、陸軍の兵舎として利用されたが、1881年の失火で失われた。


関連キーワード

PR情報

北陸発の新着

記事一覧