本文へ移動

藤井聡太二冠 3度目の師弟対決も制す 杉本昌隆八段に勝ち本戦まであと1勝【叡王戦予選八段戦】

2020年12月4日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太二冠

藤井聡太二冠

 杉本昌隆八段(52)と藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=の師弟対決が実現した将棋の第6期叡王戦段位別予選八段戦Cブロック準決勝は3日、大阪市福島区の関西将棋会館で午後7時から指され、藤井二冠が73手で勝利した。豊島将之叡王(30)=竜王=への挑戦権を争う本戦トーナメント入りまであと1勝とした。
 3度目の師弟対決となった今回は、藤井二冠が初めて上座に座った。師匠としては1勝返したいところだったが、それはかなわなかった。
 第33期竜王戦3組決勝で激突した6月20日の前回も、時間を惜しまず読みふける師弟の姿が感動を呼んだが、今回も早指し戦ながら互いに全力投球。対抗形となった盤上は、先手・藤井二冠に居飛車穴熊を組ませまいと杉本八段が揺さぶりをかける展開に。ねじり合いが続いたが、最後は藤井二冠が抜け出した。
 終局後、藤井二冠が師匠の序盤の作戦について「機敏に動かれてうまく対応できないところがあった」と振り返ると、杉本八段は師弟対決について「前回は藤井二冠が七段だったが、わずか半年でタイトル2つ。成長を感じた」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ