心癒やす木版画の世界 湖西で黒木さん作品展

2020年12月4日 05時00分 (12月4日 05時03分更新)
メルヘンチックな作品も楽しめる木版画展=湖西市新居町の「ギャラリー由美」で

メルヘンチックな作品も楽しめる木版画展=湖西市新居町の「ギャラリー由美」で

  • メルヘンチックな作品も楽しめる木版画展=湖西市新居町の「ギャラリー由美」で
 国内外で活躍している版画家の黒木郁朝さん(75)=宮崎県木城町=の木版画展が、湖西市新居町の「ギャラリー由美」で開かれている。花瓶に飾った花や縄跳びで遊ぶ子どもたちの作品など二十三点が並ぶ。十五日まで。
 「音」という作品は、山中の池に波紋が広がり、周りに座っている人たちが耳を澄ませている。星空も重ね合わせメルヘンチックな感じを受ける。縄跳びをする子どもたちと虹を重ねたり、トンボを捕まえる子どもたちを描いたほのぼのとした作品なども目を引く。
 山口由美子オーナーは「このギャラリーで版画の展示は初めて。きれいな作品が多いので、多くの人に見てもらいたい」と来場を呼び掛けている。開館時間は午前十時〜午後四時。八日は休み。(問)ギャラリー由美=053(594)7850 (桜井祐二)

関連キーワード

PR情報