本文へ移動

原江里菜「宝くじに当たるような気持ちで」3位通過!新型コロナの自粛は「疑似引退体験」だった

2020年12月4日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第1日、4番でティーショットを放つ原江里菜

第1日、4番でティーショットを放つ原江里菜

◇3日 女子ゴルフ JLPGA出場人数増枠予選会ファイナルステージ最終日(兵庫県三田市・有馬CC)
 33歳の原江里菜=NEC=が3位通過した。ラウンド終盤の16番でダブルボギーをたたいたが、17、18番を連続バーディーで上がり、興奮気味だった。参加者は95人。「この予選会が始まる前は(増枠で出場権を得られるのが10人程度と知り、)宝くじに当たるような気持ちでここに来た」という原。新型コロナによる自粛期間中は「疑似引退体験」だったそうだ。「試合に出たいという気持ちが強くなって、ステップアップにも出たんです。手応え、課題も見つかって、いい1年になりました」と、新たな活躍を誓った。
 ◆増枠予選会 コロナ禍で中止大会が相次いだことから2020―21年が1つのシーズンに統合。この開催方式変更に伴い、21年開催予定大会の一部が出場人数枠を増やすことに承諾している。シード選手やシーズン内の優勝選手など出場権を持つ者以外で、この「増枠分」の出場優先順位を決めるための臨時予選会。仮に昨年12月のQTによるランクで35位までが出場権を得た大会で増枠が行われている場合、「増枠分」(仮に10枠とすると)は同36位以下には使用されず、今予選会の1位から10位までの選手が入ることになる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ