<頂の先へ 月刊・藤井聡太二冠> 木村九段とテレビ棋戦で再戦

2020年12月4日 05時00分 (12月4日 05時00分更新) 会員限定
藤井王位200勝達成の記者会見。コロナ対策でソーシャルディスタンスを確保し、マスク着用のまま行われた=11月、東京・千駄ケ谷の将棋会館で

藤井王位200勝達成の記者会見。コロナ対策でソーシャルディスタンスを確保し、マスク着用のまま行われた=11月、東京・千駄ケ谷の将棋会館で

  • 藤井王位200勝達成の記者会見。コロナ対策でソーシャルディスタンスを確保し、マスク着用のまま行われた=11月、東京・千駄ケ谷の将棋会館で
  • 木村一基九段
 新型コロナウイルスの第3波の広がりと共に迎えた師走。春に対局休止の憂き目にあった将棋界も、冷や汗をかきながら動向を注視している。そんな中でファンを楽しませたのが、王位戦(中日新聞社主催)7番勝負で熱戦を繰り広げた藤井聡太王位(18)=棋聖、愛知県瀬戸市=と木村一基九段(47)の再戦だ。巣ごもりでテレビにかじりつく大勢の視聴者の前で、ベテランがついに意地を見せた。 (岡村淳司)
 NHK杯テレビ将棋トーナメントは、今期で第七十回の節目を迎えた。持ち時間十分、使い切れば一手三十秒未満で指す早指しの公式棋戦。対局は毎週日曜の朝に全国放送されている。今でこそインターネットの生中継が定番になったが、手に汗握る対局の醍醐味(だいごみ)をお茶の間に届け続けた先駆けといえる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報