中日・根尾が“2年連続”200万円減の1100万円で更改「変化を恐れずにやっていきたい」3年目の飛躍誓う

2020年12月3日 17時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改を終え、会見する根尾

契約更改を終え、会見する根尾

  • 契約更改を終え、会見する根尾
 中日の根尾昂内野手(20)が3日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮で契約更改交渉に臨み、200万円ダウンの1100万円でサインした。2年連続で200万減となった。
 2年目の今季は8月にプロ初安打を放つも、最終的には9試合に出場して23打数2安打の打率0割8分7厘。ウエスタン・リーグでは打率2割3分8厘と率こそ高くはなかったが、昨季の2本塁打を上回る5本塁打を放った。
 人生2度目の契約更改を終え、「1度目はどのようなものか分からない立場でしたけど、査定のこととか話をしっかり聞けました」と納得顔。年明けに予定する大島の自主トレに向け、「変化することを恐れずにどんどんやっていきたい」と力を込めた。
 3年目の目標は「まずは開幕1軍。その前にキャンプスタートに向けて、フィジカル、技術面で準備万端にしておきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ