本文へ移動

DeNA・武藤は10%増の2200万円サイン 3度の「オープナー」評価された 中日で同期入団だった沢村賞の大野雄も刺激に

2020年12月3日 15時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改を終え、会見する武藤(球団提供)

契約更改を終え、会見する武藤(球団提供)

 DeNAの武藤祐太投手(31)が3日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、200万円増の2200万円でサインした。
 今季は21試合で0勝1敗、防御率7・47ながら、中継ぎが先発する「オープナー」を3度務めるなどチームが苦しいときの働きが評価された形。「来年は1年間ずっと1軍にいて、どんな場面でもしっかり仕事したい」とさらなる貢献を誓った。
 中日で同期入団だった大野雄が沢村賞に輝いたことも刺激になっている右腕。「オープナーをやって自分の鍛えないといけないところが分かった。そこまで球が速くないので、しっかりコントロール良く投げていきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ