本文へ移動

藤井聡太二冠と今夜3度目「師弟対決」か 杉本昌隆八段が畠山鎮八段破り準決勝へ 叡王戦予選八段戦

2020年12月3日 13時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉本昌隆八段

杉本昌隆八段

 将棋の杉本昌隆八段(52)は3日、大阪市福島区の関西将棋会館で午前10時から指された第6期叡王戦段位別予選八段戦Cブロック2回戦で畠山鎮八段(51)を116手で破り、同日午後7時開始の同ブロック準決勝に駒を進めた。
 戦型は後手・杉本八段の四間飛車に対し、畠山八段は居飛車穴熊に。終盤、畠山八段の勝負手を境に苦戦を強いられた杉本八段だったが、最後に逆転した。
 準決勝の相手は、午後2時から指される藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=VS長沼洋八段(55)戦の勝者。藤井二冠が勝てば、3度目の師弟対決が実現する。
 師弟対決は過去、藤井二冠の2勝。前回は6月20日の第33期竜王戦3組ランキング戦決勝の大舞台で激突し、大きな注目を集めた。杉本八段は「藤井二冠と対戦できればうれしいが、今年6月にも指しているので、あまり意識してない」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ