ロケット打ち上げで発生する「夜光雲」撮影 飯田の写真愛好家・橋爪さん

2020年12月3日 05時00分 (12月3日 13時28分更新) 会員限定
橋爪さんが稜線(りょうせん)の上に捉えた夜光雲とみられる雲筋=飯田市上久堅で(橋爪さん提供)

橋爪さんが稜線(りょうせん)の上に捉えた夜光雲とみられる雲筋=飯田市上久堅で(橋爪さん提供)

  • 橋爪さんが稜線(りょうせん)の上に捉えた夜光雲とみられる雲筋=飯田市上久堅で(橋爪さん提供)
 飯田市上久堅の写真愛好家橋爪秀昭さん(46)が十一月二十九日、ロケットの打ち上げなどに伴って、通常より高い高度に発生する「夜光雲(やこううん)」とみられる雲の撮影に成功した。
 同日は、三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が午後四時二十五分にH2Aロケットを鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。三年前にも夜光雲とみられる雲を撮影していた橋爪さんは、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧