オオサンショウウオ学習発表 木之本・高時小4年、広島の児童と遠隔交流

2020年12月3日 05時00分 (12月3日 11時29分更新) 会員限定
ビデオ会議システムを通じて豊栄小の児童に質問する高時小の児童=長浜市木之本町の高時小で

ビデオ会議システムを通じて豊栄小の児童に質問する高時小の児童=長浜市木之本町の高時小で

  • ビデオ会議システムを通じて豊栄小の児童に質問する高時小の児童=長浜市木之本町の高時小で
  • ビデオ会議システムで豊栄小の児童の発表を聴く高時小の児童たち=長浜市木之本町の高時小で
 長浜市木之本町の高時小学校の四年生八人が二日、インターネットを使ったビデオ会議システムを通じて広島県東広島市の豊栄(とよさか)小学校四年の十八人と「オンライン学習交流会」を実施した。両校とも国特別天然記念物のオオサンショウウオについて学んでおり、学習成果を発表し合った。
 高時小は、近くの古橋集落を流れる大谷川がオオサンショウウオの生息地。豊栄小近くの川にも生息しており、両校とも生息環境の調査などをしている。
 今回は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧