本文へ移動

特産品弁当、大垣商高と河合寿司が開発 12・13日、養老鉄道駅で販売

2020年12月3日 05時00分 (12月3日 17時52分更新)
河合寿司と共同で弁当をプロデュースした総合ビジネス科の生徒ら=大垣市の大垣商業高で

河合寿司と共同で弁当をプロデュースした総合ビジネス科の生徒ら=大垣市の大垣商業高で

 大垣市の大垣商業高校の三年生が、同市の「河合寿司(ずし)」と共同で県内の特産品を使った弁当を開発した。十二、十三日に養老鉄道の大垣駅と養老駅構内で販売する。 (柳田瑞季)
 同社の河合敏直社長を講師に招き、総合ビジネス科の三年生四十一人が七月から取り組んだ。弁当のコンセプトは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報