人々の想いを灯りに宿す 「アカリバ久屋」

2020年12月2日 11時00分 (12月25日 16時55分更新)
 名古屋・栄の「Hisaya-odori Park」で、「~人々の想いを灯りに宿す~アカリバ久屋」が開かれている。
 ミズベヒロバ南端エリアを青色のレーザーと愛知県の花であるカキツバタをモチーフとしたライトが水盤を幻想的に彩る。担当したクリエーティブディレクターの成田冠(はじめ)さんは「カキツバタの花言葉は『幸せは必ず来る』。今はコロナでみんなの心が沈んでいるが、来年は絶対に幸せになれるように」と思いを込める。
 点灯時間は日没から午後11時で、12月31日まで。
【映像】名古屋・栄「Hisaya-odori Park」で(田中康介撮影)

関連キーワード

PR情報