本文へ移動

実家に親と住む未婚男性=「子供部屋おじさん」、元乃木坂・斎藤ちはるアナが結婚相手として敬遠する理由は…

2020年12月2日 11時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤ちはるアナ

斎藤ちはるアナ

 テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」は2日、実家で親と住む未婚男性を指す「子供部屋おじさん(こどおじ)」が近年増え続けている問題について特集。同局の玉川徹氏(57)は「僕は絶対にナシ」と持論を述べた。
 番組では実家に暮らし、収入を趣味や収集に自由に使う男性の日常を紹介。大人になっても実家で暮らすことについて、20~30代の子世代は61%がアリ、40~70代の親世代は55%がナシと回答したアンケートを加えて世代間のギャップを伝えた。
 玉川氏は「親っていうのは一つの殻みたいなもの。絶対に家からだけは出たかった」とコメントし、出身地である仙台市を避けて進学先の大学を選んだことを振り返った。
 その最たる理由として「彼女呼べないでしょ、って思うもんね」と加えた玉川。これに司会の羽鳥慎一(49)が「彼女を呼べないから東北大(仙台市)に行きたくない?」と畳み掛けると玉川は「ハイ!」と即答し、その正直すぎる動機に羽鳥は「これはまた波が立ちますよ…」と心配していた。
 また元乃木坂46の斎藤ちはるアナ(23)も「こどおじ」を敬遠。結婚相手には「家を出ていてほしいな」と理想を語り、その理由を「自分が1人暮らしをしていないので、家事とかそういう面で安心」と、相手の経験値に期待していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ