諏訪ケ峯陣城を新名所に 恵那・鶴岡山の登山道や山頂を整備

2020年12月2日 05時00分 (12月2日 12時35分更新) 会員限定
三河湾や志摩半島の眺望が楽しめる山頂=恵那市明智町の諏訪ケ峯陣城で

三河湾や志摩半島の眺望が楽しめる山頂=恵那市明智町の諏訪ケ峯陣城で

  • 三河湾や志摩半島の眺望が楽しめる山頂=恵那市明智町の諏訪ケ峯陣城で
  • 開山式で演奏する明智太鼓保存会=恵那市明智町の諏訪ケ峯陣城で
 恵那市明智町吉田の住民らでつくる吉田地域活性化委員会が、「すわがね(諏訪ケ峯)」の愛称で呼ばれる地元の鶴岡山(標高732メートル)で進めてきた登山道や山頂の整備がおおむね完了した。織田信長が築いたとされる砦(とりで)跡にちなみ、一帯を「諏訪ケ峯陣城(じんじろ)」と命名。関係者らは「新たな観光名所に」と期待を寄せる。 (長谷部正)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧