恐竜や武士が「ようこそ」 変なホテル小松駅前 24日開業

2020年12月2日 05時00分 (12月2日 05時00分更新)
光のホログラムとタッチパネルでチェックインできるフロント=石川県小松市で

光のホログラムとタッチパネルでチェックインできるフロント=石川県小松市で

  • 光のホログラムとタッチパネルでチェックインできるフロント=石川県小松市で
  • JR小松駅前にオープンする「変なホテル」=石川県小松市で

 エイチ・アイ・エス(HIS)ホテルホールディングス(東京)が展開する「変なホテル小松駅前」の内覧会が一日、二〇二三年以降の新幹線開業が予定される石川県小松市のJR小松駅東口で開かれた。全国十八カ所目で、北陸では金沢市香林坊に次いで二カ所目。二十四日にオープンする。
 北陸初の光のホログラムチェックインを導入。恐竜や忍者、執事、武士(二種類)の五体のキャラクターがフロントに浮かび上がり、宿泊客を迎える。タッチパネルを操作し、非対面でチェックイン・アウトできる。外観や内装は白山や木場潟をイメージした白や木目調の色を基調とした。
 ホテルは三階建て、百九室。ダブルルームとツインルームがあり、一室五千百円(税込み)から。全客室に衣類クリーニング機がある。一階には宿泊客以外も利用できるレストラン「〜地酒と天麩羅(てんぷら)〜海とそら」を併設。朝と夜に営業する。
 小松空港や粟津温泉に近く、金沢駅からも特急で十五分の立地を生かし、ビジネスや観光での需要を見込む。同社の岩間雄二社長は「インバウンド(訪日外国人旅行客)が戻ったとき、さらなる大きな成長が約束されている場所と確信している」と話した。 (長屋文太)

関連キーワード

PR情報