ここだけ スーパーのアオキ ナルックスみずき店を改装 きょう開店

2020年12月2日 05時00分 (12月2日 05時00分更新)
ナルックスみずき店を改装し、2日にオープンする「スーパーのアオキみずき店」=金沢市で

ナルックスみずき店を改装し、2日にオープンする「スーパーのアオキみずき店」=金沢市で

  • ナルックスみずき店を改装し、2日にオープンする「スーパーのアオキみずき店」=金沢市で

 ドラッグストア大手のクスリのアオキホールディングス(HD、石川県白山市)は二日、金沢市内に同社初の食品スーパー「スーパーのアオキみずき店」を開業する。六月に買収した地場スーパー・ナルックスの店舗を改装した。ナルックスの残る四店舗については鮮魚など生鮮食品を充実させ、スーパーの機能を強化したドラッグストアとして順次開業する方針だ。 (高本容平)
 旧「ナルックスみずき店」は近くにクスリのアオキみずき店があったため、医薬品や化粧品は扱わず、スーパーに特化することにした。担当者は「ドラッグストアでスーパーのような鮮度の魚や野菜を扱えれば魅力になる。ノウハウを吸収したい」と話した。アオキのポイントカードも使える。
 ただスーパーとするのは一店舗のみ。四店舗は従来の肉や青果に加え、ナルックスが強みとする地場の鮮魚を充実させ、相乗効果を狙う。かつら店、ふじえ店、なるわ店は改装中で、なるわ店については来春ごろに開業予定。とうりき店は来年一月七日に営業を終え、来春ごろにオープンする計画だ。
 ドラッグストア各社の業績は好調だが競争が激化しており、特色ある店舗が求められている。中でも集客力が高い生鮮食品の品ぞろえを強化する動きが目立ち、二月には大手のクリエイトSDホールディングス(横浜市)が神奈川県内のスーパー・百合ケ丘産業を買収した。
 クスリのアオキHDは北陸地域の出店余地が少なくなる中、他地域への進出を加速しており、ナルックスに続いて、十月には京都府内のスーパー・フクヤも買収。京都府宮津市と舞鶴市にある八店舗を改装し、大手が進出していない「空白地域」である京都北部に攻め込もうとしている。

関連キーワード

PR情報