親子ら化石の発掘体験 袋井で自然史学ぶ教室

2020年12月2日 05時00分 (12月2日 11時38分更新)
化石の発掘体験に取り組む参加者=袋井市の宇刈里山公園で

化石の発掘体験に取り組む参加者=袋井市の宇刈里山公園で

  • 化石の発掘体験に取り組む参加者=袋井市の宇刈里山公園で
 袋井市宇刈の宇刈里山公園で、化石教室「化石の発掘体験をとおして、袋井の自然史を学ぼう!」があり、地元の山名小学校三〜六年生とその保護者ら五家族十一人が参加した。
 市教委の自然観察教室の一環で、同市鷲巣の化石収集家田辺積さんが講師を務めた。参加者は公園の建設過程で発見された地層断面の前で、田辺さんから宇刈層の地層や化石の成り立ちについて説明を受けた後、田辺さんが掛川層群で採集したブロック化石を使って発掘体験を行った。
 砂やほこりから目を守るゴーグルを装着した親子らは、たがねやハンマーなどを駆使してブロック化石と格闘。埋もれていたキリガイダマシなどの貝化石が姿を現すと子どもたちから歓声が上がった。掘り出した化石はそれぞれがお土産として大切に持ち帰った。
 石神有騎君(9つ)=三年=は「ブロックを削って化石を自分で取り出すところがおもしろかった。もっと化石について学んでみたい」と話していた。 (土屋祐二)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧