本文へ移動

「牛さんと笑顔に」特大絵馬 福井・佐佳枝廼社に設置

2020年12月2日 05時00分 (12月2日 05時01分更新)
青天の下、境内に設置された特大絵馬=福井市の佐佳枝廼社で

青天の下、境内に設置された特大絵馬=福井市の佐佳枝廼社で

 福井市大手三の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)で一日、境内に特大の絵馬が設置された。来年の干支(えと)「丑(うし)」の字を中央に大きく記し、周りに笑っている牛の絵を描いた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、来年こそは幸せな一年になってほしいと願いが込められている。三月三十一日まで。
 絵馬は縦一・二メートル、横二・四メートル。一九九九(平成十一)年から、来年の干支を知ってもらうなどの目的で毎年設置している。絵馬は千葉県在住の書家に描いてもらっている。
 晴天の下、職員三人で絵馬を取り付けた。禰宜(ねぎ)の吉田武美さん(48)は「来年は牛さんと同じようにみんな笑顔になれたら」と話した。 (谷出知謙)

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧