本文へ移動

週末54時間で起業体験 豊橋技科大でイベント

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 17時26分更新)
参加者の発表に耳を傾ける審査員ら=豊橋市天伯町の豊橋技術科学大で

参加者の発表に耳を傾ける審査員ら=豊橋市天伯町の豊橋技術科学大で

  • 参加者の発表に耳を傾ける審査員ら=豊橋市天伯町の豊橋技術科学大で
  • 考えてきた新サービスなどについて説明する参加者=豊橋市天伯町の豊橋技術科学大で
 金曜夜から日曜夜までの五十四時間で起業を疑似体験するイベント「スタートアップウイークエンド豊橋」が十一月二十七〜二十九日、豊橋市の豊橋技術科学大などで開かれた。豊橋技科大の学生や社会人ら三十四人が参加し、限られた時間の中で、多様なアイデアをビジネスの原形にまでつくり込んだ。(酒井博章)
 スタートアップウイークエンドは起業体験の教育プログラムとして、二〇〇七年に米シアトルで始まった。これまでに全世界千二百都市以上で開かれ、四十一万人超が参加。五十四時間で、アイデア創出から資金調達のためのプレゼンテーションまで、起業の一連の流れを確認できる。
 これまでに、このイベントをきっかけに新しいビジネスを展開する「スタートアップ企業」が二万三千社以上誕生しているという。豊橋市では、市民有志らが一七年から開催。五回目となる今回は、豊橋技科大の学生に多く参加してほしいと、メイン会場にした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧