新救急車に感染症対策 東海市、12月から運用

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 17時21分更新) 会員限定
運用が始まる高規格救急車=東海市消防署で

運用が始まる高規格救急車=東海市消防署で

  • 運用が始まる高規格救急車=東海市消防署で
 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、東海市は、感染防止機能を搭載した高規格救急車を導入した。十二月から運用を始める。
 ストレッチャーに取り付けるフィルターはウイルスを99%除去する集じん性能を持つ。車の窓がスイッチで瞬時に透明から白濁に切り替わって車内のプライバシーが確保でき、カーテンなどのように洗浄しなくてもいいという衛生面に優れた「ブラインドフィルム」や、運転室と傷病者室を区分けする隔離壁などを備える。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報