関鍛冶の歴史知って 刀匠部会が保存会50周年記念誌

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 16時58分更新) 会員限定
部会誌を紹介する丹羽さん(左)と福留さん=関市役所で

部会誌を紹介する丹羽さん(左)と福留さん=関市役所で

  • 部会誌を紹介する丹羽さん(左)と福留さん=関市役所で
 関伝日本刀鍛錬技術保存会の刀匠部会が保存会の設立五十周年を記念し、刀匠や部会の歴史をまとめた「五十周年記念 刀匠部会誌」を発行した。
 刀匠部会は刀匠十一人でつくる。部会誌はA4判で三十一ページ。巻頭には美濃伝の系譜や部会の年表を記し、鎌倉時代末期の「元重」を刀祖とすることや、一九七〇(昭和四十五)年十一月二十四日に保存会が設立されたことを紹介する。刀匠のプロフィルも掲載する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報