現市政に新しい考えを 勝山市長選、初当選の水上さん決意

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 16時17分更新) 会員限定
勝山市長選で初当選し、決意などを語る水上さん=勝山市民会館で

勝山市長選で初当選し、決意などを語る水上さん=勝山市民会館で

  • 勝山市長選で初当選し、決意などを語る水上さん=勝山市民会館で
 勝山市長選で元市議長との一騎打ちを制して初当選した水上実喜夫さん(61)が、投開票から一夜明けた三十日、市民会館で会見し、市政を担う決意を述べた。(平林靖博)
 −当選から一夜明けての感想は。
 「率直にうれしい。選挙活動を通じて、多くの人に負担をかけていることへの苦しさがあった。周りの方が支援していただき、自分も努力した結果が出たと思う」
 −まず取り組みたいことは。
 「子育て支援策などの福祉関係や観光の産業化の進捗(しんちょく)をしっかり担いたい。(勝山市が)人と企業に選ばれるための下準備をしていくことになる」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧