故郷励ますサクソフォン 飯田出身の西浦さんと音大生仲間が演奏会

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 16時10分更新) 会員限定
気持ちのこもった演奏を披露した西浦さん(左)らカルテット=飯田市の三宜亭本館で

気持ちのこもった演奏を披露した西浦さん(左)らカルテット=飯田市の三宜亭本館で

  • 気持ちのこもった演奏を披露した西浦さん(左)らカルテット=飯田市の三宜亭本館で
 飯田市追手町の旅館「三宜亭本館」で十一月二十八日夜、同市出身の西浦颯さん(19)ら、国立音楽大(東京都)でサクソフォンを学ぶ二年生四人でつくるカルテット「ZEPHYR(ゼフィール)」が演奏会を開いた。コロナ禍で「発表の場は一年ぶり」という学生たちが奏でる気持ちのこもった四重奏に、来場者約五十人が酔いしれた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧