松本のまちづくり、市民ら熱く議論 基本構想策定に向けフォーラム

2020年12月1日 05時00分 (12月1日 16時09分更新) 会員限定
松本の未来を議論する市民ら=松本市あがたの森文化会館で

松本の未来を議論する市民ら=松本市あがたの森文化会館で

  • 松本の未来を議論する市民ら=松本市あがたの森文化会館で
 松本市のまちづくり指針を示す「基本構想2030」の策定に向けた市民フォーラムが十一月二十九日、同市あがたの森文化会館で開かれた。市民を委員とする市民会議が構想の素々案を発表し、市民参加のグループディスカッションでさらに意見を深めた。(竹内なぎ)
 市が年度内の策定を進める総合計画は、二〇二一〜三〇年度の指針を定める基本構想と、政策の方向性を示す五カ年の基本計画で構成される。市民主体の基本構想をつくるため、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧